Hong Kong Day 2

インフルが列島に猛威をふるっている中、皆さまいかがお過ごしですか?

私は晴れて5年勤めた会社を退職し、有給消化中の身分となりました。

毎日暇でしょうがない日々が待っているかと思いきや、

以外とやることが色々あり、今日は退職後初めて家でのんびり過ごせています。

仕事を辞めてみると、毎日毎日朝から晩まで働いていたことが嘘のように思えてくる。

決まった時間に決まった場所へ行き、決まった時間に帰る。

というルーティンが決して悪いわけじゃないんだけど

自分にはそこまで向いているものじゃないなぁ、と改めて感じます。

そもそもうちの家系、会社勤めしてた人って誰もいないしなぁ。笑

いずれまたそのルーティンに戻る日が来るのかもしれないけど、

今は長いお休みを楽しんで満喫しようと思います!

 

では、すでに1ヶ月以上前の出来事と化した香港旅行記2日目を書きます。笑

 

 

 

2日目の朝はホテルで朝食を食べることに。

前日の夜ご飯を食べたフードコートの1階下には、

広々としたビュッフェのフロアが広がっており、

「明日はここで朝ご飯を食べよう!」「いいね!」

と前日夜から決めていたのです。

(どうでもいいけど我々、食への気持ちが前のめりになり過ぎるため

よくご飯を食べながら「翌日のご飯は何にする?」と話したりします・・)

 

 

野菜やパン、ハムなど美味しそうな朝食が並びます!

食べたいものを片っ端から並べ、お皿がいっぱいになったところで写真大会。

 

 

どれも普通に美味しい!あっという間にぺろり。

でも少しおかずの種類が少ないかもねー?なんて話しながら、

もう一周して同じものを取って来たりしてたのだけど

食べ終わって部屋に戻る途中で、なんとカレーやラーメン、寿司や刺身など

その他色々置いてある別のエリアを発見!

「あ゛あ゛あ゛あ゛ぁ゛ぁ゛〜〜他にもこんなに色々あったのに〜」

と悲鳴に似た落胆の声をあげる。

早く食べたい欲が勝ってしまった私たちは、ちゃんと端の方を見ていなかったのです。

でも既に2人ともお腹いっぱいだったので、それ以上食べられず。。

Eatonで朝食ビュッフェを食べる方、どうぞ隅から隅までちゃんと見てから

食べ始めてくださいね。涙

 

 

朝食のあとはホテル近辺のチムサーチョイエリアを散歩。

それにしても香港の建物は今にも崩れ落ちそうな恐怖を感じます。

特に、私は頭上が怖い。

子供の頃、父から聞かされた「友達が運転していたクレーン車が動かなくなって、

運転席から降りて後ろにまわったら上からクレーンが落ちてきて死んだ」

という話がトラウマとなり、頭上恐怖症になってしまったのです。

 

 

 

このぶらさがり看板がもーほんとに怖い!!!

できることなら下を歩きたくないのですが、これだけあると避けて歩くのも無理。。

せめてもう少し頑丈そうにできていれば良いのに・・

 

そんな香港の街中にも、素敵スポットは色々とあるようです。

 

 

歩いていたらこんな可愛い階段を発見して、思わずパシャリ!

今調べてみたら、「花の階段」という名前があるようで

ちゃんとインスタ映えスポットとしてリストアップされてました。

 

 

こんなに可愛い壁画?も。

こちらはどうやら2009年に開催された東アジア競技大会を記念して作られたよう。

「香港加油!」って「香港頑張れ!」という意味みたいね。

 

 

そうこうしているうちに、怪しげな市場へ到着。

 

偽ブランド品を売っている店がほとんどで、土産や食べ物もちょこちょこ並んでいる。

二人で海外旅行をした時にはマグネットを買うことを恒例にしているんだけど、

どれもまぁギラついていてお世辞でも趣味が良いとは言えないものばかり。。

仕方なく、幾分マシに見えた赤いベースに「香港」と書かれたマグネットを購入。

しばらく行くと別の土産屋さんでもマグネットが大量に売っていたんだけど、

欧米のシュッとした観光客が我々と全く同じマグネットを買っていたので

「大丈夫!うちらのセンス間違ってない!!」

と勇気付けられたのでした。笑

 

 

果物屋さんも、思わず「ステージ照明かよ!」とツッコミたくなる感じで

ムーディーにライトアップされており、妖艶な雰囲気を醸し出している。

昼間なのになぜ?と言う疑問が残るが、深く考えないことにします。

頭上恐怖症の私としては、頭上にぶら下がる詰め合わせ用と思われるカゴの大群にも

若干不快な気分を覚えました・・

 

続いてはこれぞ香港!という金魚ストリートへ。

誰でも簡単に蜷川実花さん風の写真が撮れるスポットです。

 

 

ほらね、これなんかまさにニナミカでしょ。

 

 

これは赤と青のコントラストが自分的に気に入っています。

大きく引き伸ばして部屋に飾ろうかしら

 

 

水槽に入っているのはともかく、ビニール袋に詰められている子たちは

ちょっと可哀想だなぁ・・と思ってしまった。

でも普通に香港のおばちゃんが買って行ってたから、ちゃんと売れてるのかな。

 

 

お昼どうしようかー、と話している最中に看板で見つけたカラフル小籠包を食べに

Paradise Dynastyというお店に入りました。

8色それぞれ味が違っていて、ジンジャー、フォアグラ、高麗人参など

個性豊かなフレーバーたち。

普段なかなか食べられない色んな味の小籠包、楽しかったです。

このお店、銀座にもあるようなので今度行ってみようかな?

日本の方が美味しそうな気も。笑

 

 

ご飯を食べたあとは、ちょっとしたツアーに参加。

以前、れいじのお母さんに結婚報告をした際、

「あんたたち式もしないんだし、写真くらい撮ったら良いんじゃない?

親戚にも配れるし!」

と言われ、それならせっかくだし香港で撮ってくるか!と、

レトロなセットを背景に写真が撮れる撮影ツアーに申し込んでいたのです。

待ち合わせ場所に現れたのは、愛想がまったくない中国人のおっさんガイド。

「まずはここの博物館見てください、1時間半後入り口で集合します」

とややカタコトの日本語で指示される。

 

 

記念写真が目的だったので、写真館に一番時間を割きたかったのだけど

どうやら他の観光スポットにも無理やり連れて行かれるようです。

NYに住んでいた時に参加した、「ナイアガラの滝」に行くはずなのに

なぜか「Thousand Islands」という謎の島に有無を言わさず寄り道させられた、

中国人主催の地獄のバスツアー体験が脳裏をよぎります。

 

 

見たくもない博物館で見たくもない獅子舞を半強制的に鑑賞したあとは、

ようやく念願の写真館 Mei Lok Studioへ!

すべて本物で出来ているレトロなセットは、まるで昭和にタイムスリップしたよう。

 

 

2人でレトロな衣装に着替え、さらにリアリティをUPします。

私は花柄のワンピース、れいじはワガママBODYのため入る服が少なく、

学ランのようなイカツイ黒い服に身を包んだ途端に金正恩ソックリになりました。

 

 

記念に自分でもパシャリ。

いざ撮影が始まると、ものすごい巻きでびっくり。

2人とも頼んでもいないのにコーラの空き瓶を無理やり持たされ、

「乾杯して!」「見つめあって!」

とカメラマンから次々と指示が飛びます。

ものの5分くらいで終了し、カメラマンの独断と偏見で3カット現像されるとのこと。

え、自分たちで選ぶ余地もないんだ・・・と初めて知り、ショックを受ける。

さらに、当然JPEGで納品してもらえると思ってたんだけど、

なんとプリントが3枚渡されるだけということで、さらにショックを受ける。

待つことしばし、出来上がった微妙な表情の写真3枚を見てあることに気付く。

「コーラの瓶持ってる写真が1枚もないね・・」

「うん・・あれだけずっと持たされてたのにね・・・」

とてもじゃないけど、れいじの親戚に配れるクオリティではありませんでしたが

楽しかったので良い記念にはなったと思います。笑

 

 

 

さて、夜はすごく楽しみにしていたクリスマスディナー!

れいじ君が「ご馳走してあげるよ」と言ってくれて、

(奢ってもらう時はいつも君付け 笑)

かなり前から予約していたのはMandarin Orientalの中のMan Wahという中華料理。

ミシュラン2つ星も獲得している、

今までで間違いなく一番高額なスペシャルディナーです。

ピンク色のテーブルクロスと、高層階から眺める香港の夜景がとっても素敵。

 

 

コースについているドンペリのシャンパンで乾杯〜!

ドンペリを飲んだのは10年以上ぶりでしたが、やっぱり美味しい。

 

 

フカヒレのスープや恐ろしく柔らかい牛肉、アスパラと蟹肉など。

繊細な味付けに舌鼓を打ちつつ、これぞ中華の真髄・・!!と美味しすぎて震える。

 

 

すると食事の途中で、突然若い男女の聖歌隊が歌いながら乱入。

3曲ほどクリスマスソングを披露した後、歌いながら手を振って退場して行きました。

そうか、クリスマスのディナーは通常のディナーコースよりも高かったんだけど

メニューがスペシャルなだけじゃなくてこういう演出にもお金がかかってるのね。

 

 

たらふく食べたあとは2種類のデザートで終了。

楽しみにしていたクリスマスディナーが終わってしまい、

あーもっと堪能していたかった・・という気持ちになったけど

素敵なお店で素敵なディナーを堪能できて、

結婚して初めてのクリスマスは良き思い出になりました。

太っ腹なれいじ君よ、ありがとう!

次は香港3日目に続きます。

(1日分更新するのに半日かかってるんだけど、ちゃんと終わるんだろうか・・)

 

Any comments?

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s